FC2ブログ











お精霊さん 

ニュースでは、昨日あたりからお盆の帰省ラッシュの風景が映し出されています
仕事の関係で、「お盆に帰省」なるものをした事が無い私は、毎年「大変そうねー・・・」とぼんやりと思うだけでした
帰省してらした皆様 ほんとにお疲れ様でした

私は今、北海道に住んでいますが 京都生まれの京都育ちです
先祖代々京都の家です

京都では、お盆のことを「お精霊さん」と言います


この13日から16日までの「お精霊さん」の期間、京都の家では、朝 昼 夜 と けんずい(おやつのこと)にお供えする料理の献立が決まっています
宗派によって多少の違いがあるそうですが、我が家では、白玉 しらむし(白いおこわ) あらめ ずいき 湯葉 おそうめん 等々 
それに、かぼちゃ おなす 三度豆(さやいんげん)などの夏野菜の料理や、すいか等の季節のものがあったように覚えています
そして「お精霊さん」の時期の商店街には、お精霊さん用の食品やその材料、お迎えするのに必要とするアイテムとして、おけそくさん(小餅) キビガラのお箸 蓮の葉 ほうずきなどが並びます

詳しいスケジュールは かなり忘れていますが、15日には「しらむし」 16日は、「追い出しあらめ」と言って あらめとお揚げの炊いたものをお供えします
今朝の京都では、あちこちの家から「あらめ」を炊く香りが漂っていたことでしょう

子供の頃、お仏壇からさげた物をみんなでいただくのが楽しみでした
特に けんずい(笑)
我が家では、白玉は「お精霊さん」にしか作らなかったので、ただお砂糖をかけただけなのに、何か特別な食べ物のような気がして とても楽しみにしていました

先日、実家の母と電話で話していて、今年は 白玉に缶詰の果物を数種類合わせてみんなで食べたと聞きました
うーん 進化している・・・フルーツ白玉かいな・・・おいしそうやん
実際「おいしかったぇ」と母は言ってました
久しぶりに 白玉 作ろかなw

そして、今夜は「大文字」です
大文字」はお精霊さんで我が家に帰ってこられていたご先祖様をお送りする「送り火」と言う仏事です
決して お祭りでも 観光のためにあるものでもありません(笑)

例年なら、京都の厳しい夏も「大文字」を境に過ごしやすくなる筈ですが、今年はおかしな気候です
はてさて、どうなることでしょう
スポンサーサイト





ワンッ♪ クリックだと うれしいな♪
[2006/08/16 12:08] 台所から | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gorochannet.blog55.fc2.com/tb.php/30-84aa6b0d


送り火送り火(おくりび)とは、お盆の行事の一つで、お盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事である。(反対語 → 迎え火 *お盆の記事参照) 家庭の玄関先や庭で行われるものから、地域社会の行事として行われるものまで、さまざまな規模で
[2007/07/28 16:35] URL 日本の心-四季折々の風情を感じ...